Federico Mencaroni


当主フェデリコはコリナルドで生まれ育ちましたが、学生時代と卒業後の就職は遠く故郷を離れた場所で過ごしました。2010年、彼は故郷に戻り、家族経営の農園を継ぐことを決めます。多くのものが光の速さで生まれ、成長し、そして消えて行くグローバル化された世界の中で、地に根を下ろし、忍耐を要する農作業を通して自然のリズムでじっくりと農業に向き合う、という生き方を選択する、という新しい冒険が始まります。
彼の原点であるコリナルドへの愛情と誇り、ワインへの情熱は、この土地との絆をさらに深め、祖父ウルバーノと叔父ネーヴィオによって彼に引き継がれたワイン作りの伝統と醸造技術はフェデリコをワイン醸造家としての道へ導いていきます。 そして年を重ね研鑽を積む中、気が付いたのはワイン作りの才能とは生まれ持ったものではなく、葡萄に囲まれ、ワインとワイナリーと共に生き、自身も葡萄の生き様や土地の一部になることで育まれるものだということです。<葡萄の木も美味しい葡萄を生み出すために苦労する。葡萄の木はとても頭脳明晰で合理的です、ですから彼らの栽培も純粋にアカデミックなものであって、芸術的なもの・・つまり才能云々である必要はないんです。 このような考えを持つフェデリコはワインの職人とでも言えるでしょうか、職人的な物事の考え方は、この農園の哲学や生産のサイクル、新しいアイデアやそのリアリゼーションに至るまで独自の個性を生み出してくれます。醸造に関する実験からボトリング、ラベル貼り・・その一連の作業は全てこのワイナリー内で生まれ、展開されていく、一つの大きなラボなのです。

多くの事を学ばせてくれる“論理的な”ワイン作りを愛しているし、何よりもワイン作りは僕が僕自身であることを許容してくれるんだ。

Dino Mencaroni


醸造職人でありワイナリーの管理人であるディーノは、フェデリコのお父さんです。ディーノの父親が築き、そして息子であるディーノが情熱を持って献身的に守ってきたワイナリーが、今は彼の息子フェデリコへと受け継がれました。

Nevio Mencaroni


ネーヴィオ叔父さんは四ヘクター半に植えられているこの農園の一本一本の葡萄たちをわが子のように知り尽くしています。 フェデリコが生まれる前彼はこのワイナリーにとって核のような大切な存在でした。そんなネヴィオの深いこだわりは、今でも私たちのワイン作りの中に生きています。

Dino Mencaroni


醸造職人でありワイナリーの管理人であるディーノは、フェデリコのお父さんです。ディーノの父親が築き、そして息子であるディーノが情熱を持って献身的に守ってきたワイナリーが、今は彼の息子フェデリコへと受け継がれました。

Nevio Mencaroni


ネーヴィオ叔父さんは四ヘクター半に植えられているこの農園の一本一本の葡萄たちをわが子のように知り尽くしています。 フェデリコが生まれる前彼はこのワイナリーにとって核のような大切な存在でした。そんなネヴィオの深いこだわりは、今でも私たちのワイン作りの中に生きています。

私達にとって農園は家族であり、家族は農園です。この仕事はワイナリー内で直接働く人達も、外部からコラボしてくれる人たちも一つの輪にしてくれるのです。私達の子供達が当たり前のように四季の循環や葡萄の成長の過程、厳しい農作業を肌で感じ、ワインを通して沢山の人と出会えるように。

Sonia Giardini


フェデリコの妻ソニアは、フェデリコへの愛情を通してこの土地とワインへの情熱が生まれ、彼女の人生の一部となりました。 多言語を話せる知識を活かし、ヨーロッパ、アメリカ、アジアを中心とした海外へのプロモーションや販売を促すことでこのワイナリーの国際化に貢献し、ワイナリーでは訪問者へのガイドやテイスティングも担当しています。 Sonia cura anche l’accoglienza dei visitatori in azienda, accompagnandoli nelle visite in cantina e nelle degustazioni guidate.