FedericoMencaroni

ワイナリー

メンカローニワイナリーのブドウ畑は、大部分を白ブドウが占めています。マルケ州のワインの王様であるヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・ィエージを中心にマルヴァジア、ビアンカーメが栽培されており、赤ブドウではモンテプルチァーノ、サンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョンが栽培されています。
私達が栽培するブドウの木一本あたりの果実の生産量は、短梢剪定と摘芯、有機栽培によりコントロールされており、ブドウがもともと持っている官能要素やアロマを最大限に引き出せるよう考慮されています。状態の良い果実だけがワインになれるので生産量は毎年変化し、散布される石灰硫黄合剤の濃度もブドウの種類によって変わりますが、スプマンテ用で120㎎/ℓ、それ以外のワイン用は50㎎/ℓ以下で抑えられています。
ブドウの収穫は、果実の熟成の経過を分析しつつ観察し続けるという一連の作業のあと、ベストな収穫期を見定める大切な仕事で、収穫は他の農作業同様、すべて人の手でのみ行われます。
状態の良い果実だけがワインになれるので生産量は毎年変化し、散布される石灰硫黄合剤の濃度も作られるワインの種類によって変わりますが、スプマンテ用で120㎎/ℓ、それ以外のワイン用は50㎎/ℓ以下で抑えられています。

パンフレットをダウンロードする

Download

白ワインの醸造


涼しい時間帯にのみ収穫されたブドウは冷却され、酸化を遅らせ細菌が発生しないよう処理されます。
ブドウの持つアロマを維持するため、収穫後2時間以内には圧縮機に入れられ、場合によっては浸漬の工程を経ます。 こうして得られたモスト(ブドウ果汁)は三種に分類され、ワインの種類別にそれぞれの方法で醸造されることになります。
こうして作られたワインはアロマや酸味・風味と、この土地独特のミネラル感を引き立てる研究を続けるフェデリコのフィロソフィーを映し出していると言えます。 ワインを口に含み香りが鼻を抜けていくときの清潔感は、ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・ィエージの内包する風味の幅広さを特徴付けています。

白ワインの醸造


涼しい時間帯にのみ収穫されたブドウは冷却され、酸化を遅らせ細菌が発生しないよう処理されます。
ブドウの持つアロマを維持するため、収穫後2時間以内には圧縮機に入れられ、場合によっては浸漬の工程を経ます。 こうして得られたモスト(ブドウ果汁)は三種に分類され、ワインの種類別にそれぞれの方法で醸造されることになります。
こうして作られたワインはアロマや酸味・風味と、この土地独特のミネラル感を引き立てる研究を続けるフェデリコのフィロソフィーを映し出していると言えます。 ワインを口に含み香りが鼻を抜けていくときの清潔感は、ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・ィエージの内包する風味の幅広さを特徴付けています。

赤ワインの醸造


白と同じく涼しい時間帯にのみ収穫されたブドウは、穂軸と果実に分けられ、果実は大きな容器に入れられ浸漬、発酵の工程へと進みます。 そして25℃前後に保たれた温度とモストの液体部分と皮の部分の接触により、アルコール発酵が始まります。これはバクテリアが一か月ほどかけて働くマロラクテイック発酵によって促されるものです。 アルコール発酵というのはバクテリアが一か月ほどかけて働くマロラクテイック発酵によって促されるもので、その後アフィナメントと呼ばれる熟成の最終段階で樽、ステンレス製タンク内で洗練される時期を経て、ボトリングされます。

赤ワインの醸造


白と同じく涼しい時間帯にのみ収穫されたブドウは、穂軸と果実に分けられ、果実は大きな容器に入れられ浸漬、発酵の工程へと進みます。 そして25℃前後に保たれた温度とモストの液体部分と皮の部分の接触により、アルコール発酵が始まります。これはバクテリアが一か月ほどかけて働くマロラクテイック発酵によって促されるものです。 アルコール発酵というのはバクテリアが一か月ほどかけて働くマロラクテイック発酵によって促されるもので、その後アフィナメントと呼ばれる熟成の最終段階で樽、ステンレス製タンク内で洗練される時期を経て、ボトリングされます。

メトド・クラシコ


家族経営の農園に戻ったフェデリコは、ヴェルディッキオのスプマンデ作りに焦点を当てる決心をします。それは彼のスプマンテへの情熱ももちろんありましたが、何よりヴェルディッキオという素晴らしい品種の持つ大きな可能性を知り、良いものが生まれるという確信があったからです。 こうして2009年からフェデリコは地下に小さなカヴォー(蔵)を作り、今では1000本ほどのボトルが大切に保管され、売り出されるまでの間ゆったりと休息を楽しんでいます。
収穫期の一番最後、8月から9月の下旬にかけて収穫されるブドウはスプマンテ製造用となり、スプマンテのベースとして大きな容器に6か月ほど保存され、スティラージュのプロセスを待つこととなります。 低温で行われる瓶内二次発酵の期間は2か月ほどなのに比べ、スティラージュまでの期間は40か月~120か月とバリエーションがあり、この期間、スプマンテは糖と酵母とともにゆっくりと熟成し、アロマや味覚が洗練されていきます。 ピュピトルに移されたボトルはフェデリコの手によりボトルを回転させ角度を変えていく作業が一か月ほど続き、その後デゴルジュマンの工程を全て手作業で行います。彼は全てのプロセスを自ら行うことで上品で上質な泡を生み出すことを目指しています。

メトド・クラシコ


家族経営の農園に戻ったフェデリコは、ヴェルディッキオのスプマンデ作りに焦点を当てる決心をします。それは彼のスプマンテへの情熱ももちろんありましたが、何よりヴェルディッキオという素晴らしい品種の持つ大きな可能性を知り、良いものが生まれるという確信があったからです。 こうして2009年からフェデリコは地下に小さなカヴォー(蔵)を作り、今では1000本ほどのボトルが大切に保管され、売り出されるまでの間ゆったりと休息を楽しんでいます。
収穫期の一番最後、8月から9月の下旬にかけて収穫されるブドウはスプマンテ製造用となり、スプマンテのベースとして大きな容器に6か月ほど保存され、スティラージュのプロセスを待つこととなります。 低温で行われる瓶内二次発酵の期間は2か月ほどなのに比べ、スティラージュまでの期間は40か月~120か月とバリエーションがあり、この期間、スプマンテは糖と酵母とともにゆっくりと熟成し、アロマや味覚が洗練されていきます。 ピュピトルに移されたボトルはフェデリコの手によりボトルを回転させ角度を変えていく作業が一か月ほど続き、その後デゴルジュマンの工程を全て手作業で行います。彼は全てのプロセスを自ら行うことで上品で上質な泡を生み出すことを目指しています。

土地の特色

標高200m~250mにあるブドウ畑は、粘土質と石灰質を合わせ持つ地質で方位のバリエーションの豊かさが自慢です。 このような土地質は繊細で長持ちし、年数を重ねても美味しく飲めるワインを生み出すという特徴を備えています。
ブドウの木は樹齢が20歳~50歳と幅があるため、木への管理とケアに細心の注意を払うことで、生産性と木へのサスティナビリティのバランスを取ることを心掛けています。
農園での仕事は季節に寄り沿い、季節と共に手作業でのみ行われ、ブドウ畑は銅と硫黄でのみ処理がされています。